仕出し営業の許可について

仕出し営業の許可について

仕出し料理屋というと、昔から街には存在する身近な飲食業の一つです。最近ではテイクアウト専門の弁当屋もチェーン展開する店舗が増え、宅配の弁当屋も多数存在します。では、昔からあるような仕出し料理屋は、飲食業の枠組みとしてはどの部類に入るのでしょうか?

仕出し料理を扱う店の形態は様々です。飲食店が仕出しを兼ねる場合が最も多いと思われ、他にも配達専門で請け負う料理屋などもあります。では、後者の場合は飲食店と異なり、食品工場のような扱いになるのかというと、答えはNOです。

仕出しや宅配弁当などは、食品加工ではなく、そのままメニューとして提供する料理を作る為、来店して店舗スペースで食べて貰う形式でなくとも飲食店扱いになります。

仙台 仕出し

その為、仕出しの営業をするには保健所の「飲食店営業許可」が必要になります。仕出し料理を作る厨房の設備を実際に保健所の担当者が訪問して検査されることになるので、それぞれ設備の基準を遵守しなければなりません。

ホテルJALシティ仙台 - 宿泊予約は[じゃらん.net]

また、各店舗に必ず一名の「食品衛生責任者」を置くことが義務付けられています。調理師や栄養士の資格保持者は改めて食品衛生責任者の講習を受けずとも認可がおりますが、そうでない場合は6時間の養成講習を受ける必要があります。

ホテルJALシティ仙台 口コミ・格安予約・宿泊料金

また、店舗や事務所など一定の人数を収容する建物には「防火管理者」の専任も必要となります。

以上が仕出しを提供する店舗に必要な許可申請の種類ですが、新たに事業を開始する場合は「開業届け」など事業開設に伴う行政への提出書類も別途必要になります。