オブジェとしての価値がある車

オブジェとしての価値がある車

現代社会において、自動車は非常にポピュラーで重要な交通手段です。特に都市部と比べて鉄道が未整備の地方では、車がなければ買い物も通勤もおぼつかないといった地域が多く存在しています。

この傾向は、国土が広ければ広いほど高くなります。例えば、広大な国土を持つアメリカはその傾向が顕著で、西と東を結ぶ大陸縦断鉄道が存在してはいますが、それらがカバー出来るのは敷かれているレール周辺の地域が中心となるため、それ以外のエリアの住民にとっては、自動車は生活の足として必要不可欠な存在となっているのです。

バイクの登録・廃車 ≪ 中野区公式ホームページ

こういった理由もあり、アメリカ人は日本人よりも車への愛着が強い傾向があります。具体的な例としては、車にオブジェとしての価値を見出し、モーテルや遊園地など、人の集まる場所に記念碑的に設置することがあります。



特に往年の名車と呼ばれるような車種は、オブジェとして価値を見出されるケースが散見され、例えば自動車大手のGMグループが1951年から製造していた「シボレー・ベル・エアー」はその代表格で、アメリカ各地にオブジェ化したこの車を見ることが出来ます。

軽自動車税の廃車などの手続きについて 尼崎市公式ホームページ

文化的な違いからか、あいにく日本ではシボレーのような、「オブジェとして価値がある車」はなかなか出てきませんが、もしかしたら何十年か後、現在私たちの身の回りにある車が、オブジェとして公園に飾られているかもしれません。