不動産投資が流行っているってホント?

不動産投資が流行っているってホント?

不動産投資は、昔からある投資のひとつです。必ずしも、たったいま、他の投資商品を抜きん出て流行っているというわけでもないでしょう。しかし、大分以前から今日かけてまで、ずっと継続している投資でもありますので、やはりそれなりに魅力のある投資方法であると言えるでしょう。

世界遺産(世界文化遺産)法隆寺地域の仏教建造物.

しかし、不動産投資というと、ひどくリスクの高そうな感じがする人も多いと思います。不動産投資では、だれかにマンションやアパートなどの不動産を貸して、賃料をもらうというのが一般的かと思いますが、空室の状態が長く続いたり、なかなか借り手がつかないような状況であると、維持費だけでも非常に高額になり、固定資産税までとられて収支はマイナスになります。また売却しようにも買い手が見つからない可能性も考えられますし、購入時よりも遙かに低い金額で買いたたかれる可能性も否定できません。



それらを考慮に入れた上で、なるべく借り手がつきやすそうな場所を確保し、そこにアパートを建てたりなど、さまざまな意味合いでの経営手腕が必要になるでしょう。もちろん、空室や老朽化のリスクを回避するためにも、積極的な広告をうつなど、細かなフォローも必要になります。

伝統建築物|施設用途から探す|サービスと技術|大林組

投資というものは、どのようなものであろうとリスクは確実にあるものなのです。それを以下に低く抑え、安定したリターンを得られるのかということがポイントになるでしょう。